ギター・クラフト / ギター・サークル

gcjapan.exblog.jp
ブログトップ

<   2004年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2004年 11月 29日

フェルナンド・カブサッキ インタビュー

現在発売中のEsquire 1月号にて、ギター・クラフト仲間である我らがフェルナンド・カブサッキのインタビュー記事が掲載されています。

アルゼンチンの音楽シーンについてなかなか厳しい意見を述べておられ、ギター・クラフトのかの地での隆盛ぶりと比較すると興味深いものがあります。
是非ご一読を。
[PR]

by guitarcraftjapan | 2004-11-29 20:06 | GC関連ニュース
2004年 11月 26日

ギター・クラフト 関連コース 2005年1月 アメリカ

1:ギター・クラフト入門コース
2005年1月8日〜13日
レバノン(ニュージャージー州)

1週間に渡る合宿コースで、ギター・クラフトの基本を学びます。
事前のギター・クラフトに関する経験は問いませんので、どなたでも参加できます。
このコースではギター・クラフトに必要な知識とスキルを網羅しており、ロバート・
フリップが主宰するレベル1の参加にこのコースの参加が必須となっています。ま
た、以前の経験があり、時をおいて活動を再開される方にもお勧めします。練習では、主に両
手の使い方や連携、注意力の使い方に関することに重点が置かれます。また、自らの体の有効な使い方や、ギタープレイへの応用のために、アレキサンダー・テクニークが紹介されます。

合宿は、1985年のギター・クラフト創設時からの長い経験を持つ、カート・ゴールデンと、他数名のインストラクターによって主宰されます。キッチンは経験のあるメンバーが請け負います。サンドラ・バン・クシュマンにより開かれるアレキサンダー・テクニークのパートも、コースには欠かせない要素となります。

このコースはニュージャージー州レバノン(ニューアーク国際空港から約45分)にて開催されます。ギター合宿には必要充分な設備が整っています。

参加費:$990(日本からの参加者は割引の可能性があります。お問い合わせ下さい)

参加に際して、以下の事項を記入した申込書を日本窓口(松浦)までeメールで提出して下さい。英語でのメールが必須ですが、英語が苦手だという方はご相談下さい。

1.あなたの自己紹介(名前、出身地)
2.あなたがコースに参加したいと希望する理由
3.あなたのコースでの目的
※必ず名前、住所、メールアドレス、電話番号を明記してください。


2:キッチン・クラフト入門コース
2005年1月8日〜13日
レバノン(ニュージャージー州)

「キッチン(台所)での修行」は、ギター・クラフトにおける5つの柱の一つです。キッチン・クラフト入門コースは、第一にキッチン、食事の準備と給仕における集中力の質に重点を置きます。ギターの練習と同じだけの熱心さを、キッチンでの仕事に振り向けることができるだろうか?

デイヴィッド・ヴァンがすべてのキッチンにおけるものごと(食材の準備、調理、味見、包丁の使い方、さらには準備や給仕の過程を想像していく訓練)を教授します。食事はベジタリアン料理です。ここでは何を料理するかというより、「どう」高い質をもって準備し給仕するかに重点が置かれます。詳細は定められていないので、生徒各自がそれぞれの方法を見つけ、ふさわしい挑戦が課せられるでしょう。また、それ以上深めて行くことも考えられます。

アレキサンダー・テクニークはこのコースの大切なパートです。カート・ゴールデンによるギター指導と、ギターサークルでの練習の機会もあります。

最低でもレベル1の参加経験が必要です。キッチン・クラフトでの経験は問いません。ミュージシャンでないクラフト経験者でも参加可能です。

参加費:$650(日本からの参加者は割引の可能性があります。お問い合わせ下さい)

参加に際して、以下の事項を記入した申込書を日本窓口(松浦)までeメールで提出して下さい。英語でのメールが必須ですが、英語が苦手だという方はご相談下さい。

1.あなたの自己紹介(名前、出身地)
2.あなたがコースに参加したいと希望する理由
3.あなたのコースでの目的
※必ず名前、住所、メールアドレス、電話番号を明記してください。
[PR]

by guitarcraftjapan | 2004-11-26 16:06 | 北米
2004年 11月 26日

ギター・クラフト 関連コース 2005年1月 イタリア

1: ギター・クラフト 入門コース

2005年 1月22日〜28日 Cesclans (イタリア北部、ウディネ)

このコースは参加資格を問わず、どなたでも参加できます。
ニュー・スタンダード・チューニング(6弦から1弦へ、C-G-D-A-E-G)と、ギター・

クラフトにおける基本的なテクニックが紹介されます。

ロバート・フリップによるレベル1コースに参加を希望される方は、このコースの参
加が必須となっています。また、以前にギター・クラフトの参加経験がありその修行
を継続したい方、あるいは再び始めたいとお考えの方にもお勧めします。
2005年、レベル1コースはアメリカ(3月)、ヨーロッパ(9月)にて行われる
予定です。

主催はエルナン・ヌニェスとマーティン・シュトケ、経験豊かなGC講師陣がサポー
トします。
ルシアーノ・ピエトラフェサ(太極拳の有資格コーチ)が、初心者のための太極拳の
クラスを開きます。

参加に際して、以下の事項を記入した申込書を日本窓口(松浦)までeメールで提出
して下さい。英語でのメールが必須ですが、英語が苦手だという方はご相談下さい。

1.あなたの自己紹介
2.あなたがコースに参加したいと希望する理由
3.あなたのコースでの目的

参加費:750ユーロ(日本からの参加者は20%オフ)


2:キッチン・クラフト入門

このコースは、最低レベル1以上の経験のある方であればどなたでも参加できます。
このコースでは、ギター・クラフトでのキッチン(台所)で働いていただきます。
マイク・グレンフェルがこのコースを指導します。

マイクによる紹介:
「”キッチン・クラフト”とは何か?また、単にキッチンで働くこととはどう違うの
だろう?
キッチン・チームのすべてのメンバーは、どのようにしてそれぞれの修行をキッチン
で深めていけるかを教えられる。この中には、キッチン・クラフトの訓練、つまり一
連の技術や練習が含まれている。キッチンでの経験がまだ浅い生徒にとって、このコー

スはギター・クラフトでの修行をより深く、幅広く行うための機会となるだろう。す
でにある程度のキッチンでの経験がある生徒にとっては、この修行をより高度なレベ
ルにすることになるだろう。

コースの終わりまでには、キッチン・クラフトをギターの修行や私たちの日々の生活、

またさらなる次元に応用できるようになるだろう。」

参加に際して、以下の事項を記入した申込書を日本窓口(松浦)までeメールで提出
して下さい。英語でのメールが必須ですが、英語が苦手だという方はご相談下さい。

1.あなたの自己紹介
2.あなたがコースに参加したいと希望する理由
3.あなたのコースでの目的

参加費:550ユーロ(日本からの参加者は20%オフ)
[PR]

by guitarcraftjapan | 2004-11-26 15:55 | ヨーロッパ