ギター・クラフト / ギター・サークル

gcjapan.exblog.jp
ブログトップ
2004年 11月 26日

ギター・クラフト 関連コース 2005年1月 アメリカ

1:ギター・クラフト入門コース
2005年1月8日〜13日
レバノン(ニュージャージー州)

1週間に渡る合宿コースで、ギター・クラフトの基本を学びます。
事前のギター・クラフトに関する経験は問いませんので、どなたでも参加できます。
このコースではギター・クラフトに必要な知識とスキルを網羅しており、ロバート・
フリップが主宰するレベル1の参加にこのコースの参加が必須となっています。ま
た、以前の経験があり、時をおいて活動を再開される方にもお勧めします。練習では、主に両
手の使い方や連携、注意力の使い方に関することに重点が置かれます。また、自らの体の有効な使い方や、ギタープレイへの応用のために、アレキサンダー・テクニークが紹介されます。

合宿は、1985年のギター・クラフト創設時からの長い経験を持つ、カート・ゴールデンと、他数名のインストラクターによって主宰されます。キッチンは経験のあるメンバーが請け負います。サンドラ・バン・クシュマンにより開かれるアレキサンダー・テクニークのパートも、コースには欠かせない要素となります。

このコースはニュージャージー州レバノン(ニューアーク国際空港から約45分)にて開催されます。ギター合宿には必要充分な設備が整っています。

参加費:$990(日本からの参加者は割引の可能性があります。お問い合わせ下さい)

参加に際して、以下の事項を記入した申込書を日本窓口(松浦)までeメールで提出して下さい。英語でのメールが必須ですが、英語が苦手だという方はご相談下さい。

1.あなたの自己紹介(名前、出身地)
2.あなたがコースに参加したいと希望する理由
3.あなたのコースでの目的
※必ず名前、住所、メールアドレス、電話番号を明記してください。


2:キッチン・クラフト入門コース
2005年1月8日〜13日
レバノン(ニュージャージー州)

「キッチン(台所)での修行」は、ギター・クラフトにおける5つの柱の一つです。キッチン・クラフト入門コースは、第一にキッチン、食事の準備と給仕における集中力の質に重点を置きます。ギターの練習と同じだけの熱心さを、キッチンでの仕事に振り向けることができるだろうか?

デイヴィッド・ヴァンがすべてのキッチンにおけるものごと(食材の準備、調理、味見、包丁の使い方、さらには準備や給仕の過程を想像していく訓練)を教授します。食事はベジタリアン料理です。ここでは何を料理するかというより、「どう」高い質をもって準備し給仕するかに重点が置かれます。詳細は定められていないので、生徒各自がそれぞれの方法を見つけ、ふさわしい挑戦が課せられるでしょう。また、それ以上深めて行くことも考えられます。

アレキサンダー・テクニークはこのコースの大切なパートです。カート・ゴールデンによるギター指導と、ギターサークルでの練習の機会もあります。

最低でもレベル1の参加経験が必要です。キッチン・クラフトでの経験は問いません。ミュージシャンでないクラフト経験者でも参加可能です。

参加費:$650(日本からの参加者は割引の可能性があります。お問い合わせ下さい)

参加に際して、以下の事項を記入した申込書を日本窓口(松浦)までeメールで提出して下さい。英語でのメールが必須ですが、英語が苦手だという方はご相談下さい。

1.あなたの自己紹介(名前、出身地)
2.あなたがコースに参加したいと希望する理由
3.あなたのコースでの目的
※必ず名前、住所、メールアドレス、電話番号を明記してください。
[PR]

by guitarcraftjapan | 2004-11-26 16:06 | 北米


<< フェルナンド・カブサッキ イン...      ギター・クラフト 関連コース ... >>